【新型コロナウイルス】感染症専門医師が教える新型肺炎、私たちが今すべきこと

【新型コロナウイルス】感染症専門医師が教える新型肺炎、私たちが今すべきこと

報道が加熱するなか、「インフルエンザと比べて感染力は?」「マスクさえしていればいい?」「咳、発熱がみられたら、すぐ病院に行くべき?」など、感染症専門医の高山義浩さん(沖縄県立中部病院感染症内科・地域ケア科副部長)がQ&A形式で解説します。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

中国における新型肺炎の感染拡大を受けて、政府は1月28日の閣議で、新型コロナウイルスを感染症法の「指定感染症」とする政令を公布しました。

すでに、中国では新型コロナウイルスに感染して死亡した人は170人となり、報告された患者数は7,736人となっています(新浪新聞)。

また、中国本土以外では、これまでに19の国と地域で99人の感染者が確認されています(Wuhan Coronavirus Global Cases)。

ただし、中国以外では、死亡者は出ておらず、市中における感染拡大が起きているとの報告もありません。

毎日のように新たな情報が入ってきていますが、これまでの情報を整理しながら、前回の内容を更新して、一般の方々に知っておいていただきたいことを問答形式で解説いたします。

問1 コロナウイルスとは、どのような病原体なのですか?

コロナウイルスというのは、ヒトや動物のあいだで感染症を引き起こす病原体で、これまで6種類が知られていました。

うち4種類は、咳や咽頭痛などの上気道症状しか引き起こさないウイルスで、私たちが「風邪」と呼んでいる病気の10~15%程度はコロナウイルスによるものです。あとの2種類は、深刻な呼吸器疾患を引き起こすことがあるウイルスで、重症急性呼吸器症候群(SARS)と中東呼吸器症候群(MERS)として世界的に流行しました。

SARSは、コウモリからヒトへと感染して、2002年11月から2003年7月のあいだに8,069人の感染(疑い例を含む)が報告され、そのうち775人が死亡しています(致命率 9.6%)。ただし、死亡した人の多くが高齢者もしくは基礎疾患を有する人で、子供は感染しても軽症だったことが特徴です。

MERSは、ヒトコブラクダからヒトへと感染して、これまでに2,494人の感染が報告され、そのうち858人が死亡しています(致命率34.4%)。ただし、調査によってサウジアラビア人の0.15%(約5万人)がMERSに対する抗体を有していることが明らかになっています。つまり、少なからぬ人が、ウイルスに感染しても軽症あるいは無症状で回復しており、重症化するのは、高齢者や基礎疾患を有する人であろうと考えられています。

そして、今回、中国から流行している新型コロナウイルスによる肺炎とは、これまで知られていなかった新たな7つ目のウイルスによる感染症です。

 本記事・サイトは一人でも多くの方に最新のニュースをご覧頂けるように、元ニュース記事へのご案内をしております。
また、本記事・サイトは元ニュースの全記事内容が引用されている訳ではなく著作権法・その他を厳守しております。

フォローする