有識者ら児相を定期監査へ、千葉 小4女児虐待事件で強化策

引用元:共同通信

 千葉県野田市立小4年の栗原心愛さん=当時(10)=が昨年1月、父から暴行を受け、死亡した事件で、県は30日、児童相談所の機能を強化するため、「児童相談所改革室」を新設し有識者による運営監査を定期的に実施すると発表した。2020年度から順次始める予定。

 県によると、運営監査の回数や有識者の人選は今後検討する。

 また強化策の一環として、一時保護される子どもの増加に対応するため、22年度までに児相職員を約260人増員。うち約110人を20年度に増やす。一時保護所の定員も21年2月までに現在の115人から171人に拡充する。

 本記事・サイトは一人でも多くの方に最新のニュースをご覧頂けるように、元ニュース記事へのご案内をしております。
また、本記事・サイトは元ニュースの全記事内容が引用されている訳ではなく著作権法・その他を厳守しております。

フォローする