北海道、大雪と強風警戒 交通障害の恐れ

引用元:共同通信

 北海道はオホーツク海側で31日にかけて湿った重たい雪が降り続き、日本海側を中心に雪を伴った北東の非常に強い風が吹く見込み。気象庁は30日、大雪や猛吹雪、吹きだまりによる交通障害、暴風や高波に警戒を呼び掛けた。

 湿った重たい雪が降るため、雪崩に注意が必要だ。流氷も動きが激しくなる。

 気象庁によると、31日午後6時までの24時間予想降雪量はオホーツク海側80センチ、日本海側50センチ、太平洋側25センチ。

 31日にかけての最大風速(最大瞬間風速)は日本海側北部とオホーツク海側北部の海上20メートル(30メートル)、陸上20メートル(35メートル)。

 本記事・サイトは一人でも多くの方に最新のニュースをご覧頂けるように、元ニュース記事へのご案内をしております。
また、本記事・サイトは元ニュースの全記事内容が引用されている訳ではなく著作権法・その他を厳守しております。

フォローする