「連絡がぜーんぜんない」公明が不快感 首相の延長シナリオ裏目、野党も批判

引用元:西日本新聞
「連絡がぜーんぜんない」公明が不快感 首相の延長シナリオ裏目、野党も批判

 新型コロナウイルス特措法に基づく政府の緊急事態宣言で、安倍晋三首相が4月30日に延長の意向を表明したことを巡り、野党が「専門家の意見も聞かない政治的判断だ」と批判している。しかも首相は自民党の二階俊博幹事長だけに延長をほのめかした。6日に期限を迎える宣言の延長を早めに国民に伝える狙いだったようだが、連絡がなかった公明党幹部は不快感をあらわにし、回りくどい首相のやり方は政治的に裏目に出ている。

【写真で解説】ハンカチ1枚で出来る布マスクの作り方

 延長方針が伝わったのは30日午後だった。首相と二階氏の会談後、同席した自民党の林幹雄幹事長代理が会談の内容を問う記者団に「(首相は)延長する構えでいた」と発言。二階氏も「適切な判断だと思いますよ」と記者団に述べ、直後に「首相が延長方針」との速報が一斉に流れた。

 これに先立つ同日の参院予算委員会で、首相は「専門家の皆様に意見を賜りたい」と述べ、延長について明言を避けていた。立憲民主党の福山哲郎幹事長は「極めて遺憾だ。専門家に諮らず、首相が恣意(しい)的に判断したと言われても仕方ない」。共産党の小池晃書記局長も「与党だけに説明して、野党にはいつ説明するのか」と批判した。

 二階氏との会談について、政府高官は「首相は延長の『構え』を示しただけだったのに」と釈明する。ただ、首相はその後、官邸で記者団の取材に応じ、延長方針を整然と説明。一連の動きは周到で、首相と二階氏がシナリオ通りに延長方針を国民にアナウンスしたことをうかがわせた。

 とはいえ、野党とともに蚊帳の外に置かれた公明は不満顔。ある幹部は二階氏への延長方針の伝達を知ると、何度も自身の携帯電話を確認し「連絡がぜーんぜんない」。山口那津男代表は30日夜、「私どもは首相から連絡等はまったく受けていない」と記者団に不快感を示した。(鶴加寿子、河合仁志、下村ゆかり) 西日本新聞社

 本記事・サイトは一人でも多くの方に最新のニュースをご覧頂けるように、元ニュース記事へのご案内をしております。
また、本記事・サイトは元ニュースの全記事内容が引用されている訳ではなく著作権法・その他を厳守しております。

フォローする