麻酔使わないシマウマ採血に成功 茨城の動物園、国内初

引用元:共同通信

 茨城県の日立市かみね動物園は30日、麻酔を使わないシマウマの採血に、国内で初めて成功したと発表した。力が強く人を警戒するシマウマの麻酔なしでの採血は、海外の動物園でしか例がなかった。多量の麻酔を使うことによる副作用や、事故のリスクを避けることができるといい、園は「体への負担を減らすため、麻酔に頼らないようにしたい」としている。

 飼育している7歳のメスのシマウマ「キララ」との間で約3年かけ、体に触れても暴れないよう、信頼関係を築いた。今月15日の健康診断の際、獣医師らが好物のニンジンを見せるとキララが近づき、脇腹付近に針を刺された後も静かにしていたという。

 本記事・サイトは一人でも多くの方に最新のニュースをご覧頂けるように、元ニュース記事へのご案内をしております。
また、本記事・サイトは元ニュースの全記事内容が引用されている訳ではなく著作権法・その他を厳守しております。

フォローする