中国全土への「渡航自粛」求める 感染症危険情報レベル2に引き上げ

引用元:THE PAGE
中国全土への「渡航自粛」求める 感染症危険情報レベル2に引き上げ

 菅官房長官は31日の記者会見で、新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大を受け、湖北省以外の中国全土の「感染症危険情報」を、不要不急の渡航中止を促す「レベル2」に引き上げたと明らかにした。これまでは4段階で最も低く、渡航に注意を促す「レベル1」だった。

【中継録画】菅官房長官が定例会見(2020年1月31日)

 レベル引き上げの理由について、菅官房長官は「WHOが緊急事態を宣言したことに加え、発生国・地域の流行状況や主要国の対応など総合的に勘案した結果」と説明。「中国の現地政府及び関連機関と連携しつつ、情報収集を行い、適時適切な注意喚起を行っていく」としている。

 武漢市を含めた湖北省全域は、渡航中止を勧告する「レベル3」となっている。

 本記事・サイトは一人でも多くの方に最新のニュースをご覧頂けるように、元ニュース記事へのご案内をしております。
また、本記事・サイトは元ニュースの全記事内容が引用されている訳ではなく著作権法・その他を厳守しております。

フォローする