「世界でも経験ない複雑なオペレーション」 クルーズ船対応について加藤厚労相

引用元:THE PAGE

 加藤勝信厚労相は21日、閣議後の記者会見で、多くの乗客が新型コロナウイルスに感染したクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」から、ウイルスが陰性で健康観察期間の14日間を経た人の下船がきょうにも終わることに触れ「(今後も)作業は続くが、一区切りと言える」と話した。

 また、これまでに200人以上の医師をはじめ、自衛隊、消防関係者などの協力を経てきたと述べた上で、「新型ウイルスと言う新たな感染症の診察や搬送をクルーズ船内で実施する、世界でも経験のない複雑なオペレーションに、本人も感染するかもしれない中で従事していただいた」などとして感謝の意を示した。 

 加藤厚労相は、昨夜G7各国の保健大臣と電話会議を行ったことを報告。「各国からは、自国民が日本の医療制度の中で支援を受けたことに対して暖かい感謝の言葉をいただいた」と話した。

 本記事・サイトは一人でも多くの方に最新のニュースをご覧頂けるように、元ニュース記事へのご案内をしております。
また、本記事・サイトは元ニュースの全記事内容が引用されている訳ではなく著作権法・その他を厳守しております。

フォローする