特措法案12日に衆院通過 新型コロナ、緊急事態宣言可能に

引用元:共同通信

 新型コロナウイルスの感染拡大に備える新型インフルエンザ等対策特別措置法改正案は、衆院内閣委員会での可決を受け、12日の本会議で可決され衆院を通過する。13日にも参院で成立する見通しだ。国民の私権制限を含む「緊急事態宣言」が可能となり、政府は感染拡大の状況を見極めて判断する。西村康稔経済再生担当相は11日午後の参院予算委員会で「私権の制約を伴うことを十分に考慮し、判断を進める」と重ねて強調した。

 同時に「国民の生命、健康を守ることは大事だ。バランスをよく考えなければならない」と表明。成立後について「できるだけ早く感染症を終息させたい」と語った。

 本記事・サイトは一人でも多くの方に最新のニュースをご覧頂けるように、元ニュース記事へのご案内をしております。
また、本記事・サイトは元ニュースの全記事内容が引用されている訳ではなく著作権法・その他を厳守しております。

フォローする