クラスター全国で13カ所に修正 厚労省、大分県から抗議受け

引用元:共同通信

 厚生労働省は17日、新型コロナウイルスの感染者集団「クラスター」の発生状況を示した全国地図を修正した。「1カ所で5人以上の感染者が出たケース」をクラスターと捉え直し、感染者がその後に家や別の訪問先でうつした人数は考慮しないことにした。

 この結果、1カ所での感染が5人に満たない大分市の飲食店や和歌山県の医療機関での事例などを小規模だとして除外。クラスターは10都道府県の15カ所から8都道府県の13カ所となった。大分市の事例については大分県が「クラスターに該当しない」と抗議していた。

 本記事・サイトは一人でも多くの方に最新のニュースをご覧頂けるように、元ニュース記事へのご案内をしております。
また、本記事・サイトは元ニュースの全記事内容が引用されている訳ではなく著作権法・その他を厳守しております。

フォローする