タロ・ジロと生きた?「南極物語」に“第3の犬”

引用元:西日本新聞
タロ・ジロと生きた?「南極物語」に“第3の犬”

 「タロとジロの奇跡」で知られる南極・昭和基地に“第3の犬”がいた-。極寒の地に置き去りにされた樺太犬タロとジロを1年後に現地で保護した第1次、第3次越冬隊員の北村泰一九州大名誉教授(88)=福岡市=が、2匹と一緒に生きていた可能性がある樺太犬の存在を追うノンフィクション「その犬の名を誰も知らない」が出版された。北村さんと共に調査し、執筆した元西日本新聞記者の嘉悦洋さん(68)=同=は「知られていなかった犬たちのドラマを通して動物の命を考えるきっかけになれば」と話している。

【写真】第3の生存犬と推定されるリキ

 「南極物語」として映画化もされたタロとジロは1958年2月、鎖につながれたまま、13匹の樺太犬と共に昭和基地に残された。1年後、2匹は生きて見つかったものの、7匹は鎖につながれたまま息絶え、6匹は行方不明だった。 タロ・ジロと生きた?「南極物語」に“第3の犬” 北村泰一さん  北村さんは犬の訓練や世話を担当していた。タロとジロの生還から9年後、昭和基地近くの解けた雪の中から樺太犬1匹の亡きがらが見つかっていた事実を、82年に知る。昭和基地を出発する前、犬たちの首輪をきつく締めたことを後悔し続けた北村さんは「氷雪に埋もれた犬にも光を当ててやりたい」と調査を始めた。

 しかし、病で調査は中断した。2018年、嘉悦さんがタロとジロが生き延びた理由や他の犬たちの話を聞きたいと、高齢者施設で過ごす北村さんを訪ねたことで再び調査が進む。2人はさまざまな資料や証言を分析し、タロとジロと行動を共にした第3の犬がリーダー格の「リキ」であったこと、幼い2匹に生き延びるすべを教えたであろうという結論に行き着いた。 タロ・ジロと生きた?「南極物語」に“第3の犬” 出版された「その犬の名を誰も知らない」  本には調査の過程、北村さんが語る「南極物語」の真実、樺太犬たちの姿も描かれている。341ページ、1650円。小学館集英社プロダクション=03(3515)6901。 (井上真由美)

 本記事・サイトは一人でも多くの方に最新のニュースをご覧頂けるように、元ニュース記事へのご案内をしております。
また、本記事・サイトは元ニュースの全記事内容が引用されている訳ではなく著作権法・その他を厳守しております。

フォローする