岐阜県で6人目の感染者 愛知県ではトヨタの工場で同僚従業員も感染

引用元:CBCテレビ

 23日、岐阜県で、20代の女性が、新型コロナウイルスに感染していることが確認され、岐阜県内の感染者は、6人になりました。

 感染が確認されたのは、各務原市に住む会社員の20代の女性です。

 この女性は、22日に感染が判明した20代男性の妻で、夫婦でスペインやフランスを旅行した後、3月17日に成田空港経由で自宅に戻りました。

 夫婦は、バスと新幹線で移動した後、名古屋駅から新鵜沼駅まで名鉄電車に乗り、駅からはタクシーで帰ったと言うことです。

 一方、愛知県豊田市のトヨタ自動車高岡工場では、20代の男性従業員が新型コロナウイルスに感染したため、ハリアーやカローラの生産を手掛ける「第一ライン」の稼働を、23日から3日間停止します。

 工場では一部を封鎖し、消毒も行いました。

 感染が確認された従業員は、3月20日に感染が確認された男性従業員と同じ生産ラインで働いていました。
 2人とも容体は安定しているということです。

 「特段、状況に変更がなければ、4月から入学式・始業式を行い、学校を再開していく」(愛知県 大村秀章知事)

 愛知県の大村知事は、23日の定例会見で、「状況に変化がなければ、新学期から公立学校を再開する」との考えを示しました。

 また、安倍総理が、東京オリンピックの延期もやむを得ないとのメッセージを発したことについて、「中止はあり得ないが、延期はあり得る」と述べた上で、出来るだけ早く開催すべきだと話しました。

 また、中部空港の2本目滑走路の建設について、新型コロナウイルスが終息した後を視野入れた経済対策として、国に緊急要望する方針を示しました。

 本記事・サイトは一人でも多くの方に最新のニュースをご覧頂けるように、元ニュース記事へのご案内をしております。
また、本記事・サイトは元ニュースの全記事内容が引用されている訳ではなく著作権法・その他を厳守しております。

フォローする