当時15歳の女性を元交際相手が隠し撮り…性的な動画拡散した同学年の女性らに約27万円の賠償命令

引用元:東海テレビ
当時15歳の女性を元交際相手が隠し撮り…性的な動画拡散した同学年の女性らに約27万円の賠償命令

 自身の性的な動画をLINEで拡散され精神的な苦痛を受けたとして、当時15歳の愛知県内の女性が同学年だった女性らに損害賠償を求めていた裁判。名古屋地裁はおよそ27万円の賠償を命じました。

 訴状によりますと、愛知県内の女性は当時15歳だった2016年春ごろ、元交際相手の少年に性的な動画を隠し撮りされ、その動画を同学年の女子生徒らがLINEなどで拡散したということです。

 女性は当時通っていた高校の転校を余儀なくさせられるなど、精神的な苦痛をうけたとして、示談が成立した元少年以外の同学年だった女性3人と保護者に対し、あわせて627万円の損害賠償を求めていました。

 判決で名古屋地裁は「動画は他人に見られたくない場面を撮影したものであり、プライバシー侵害は極めて大きい」などとして、同学年だった女性3人と保護者にあわせておよそ27万円の賠償を命じました。 東海テレビ

 本記事・サイトは一人でも多くの方に最新のニュースをご覧頂けるように、元ニュース記事へのご案内をしております。
また、本記事・サイトは元ニュースの全記事内容が引用されている訳ではなく著作権法・その他を厳守しております。

フォローする