安倍首相が記者会見 新型コロナ対応を説明(全文4完)即効性のあるものがいい

引用元:THE PAGE
安倍首相が記者会見 新型コロナ対応を説明(全文4完)即効性のあるものがいい

 安倍晋三首相は28日夕、官邸で記者会見を行った。

※【**** 00:35:30】などと記した部分は、判別できなかった箇所ですので、ご了承ください。タイムレコードは「安倍首相が記者会見 新型コロナ対応や追加の経済対策説明(2020年3月28日)」に対応しております。

【動画】安倍首相が記者会見 新型コロナ対応や追加の経済対策説明

     ◇     ◇

消費税は全世代型社会保障改革のため必要

安倍:そして消費税についてなんですが、ちょっとこれは答えが長くなりますが、この消費税は急速に進む高齢化の中にあって、若者からお年寄りまで全世代型社会保障改革を進めていく上においてはどうしても必要な税であり、そのために引き上げたところであります。今般の経済政策においては、党においてもさまざまな議論が行われているというふうに考えますが、私は効果がなければならないと。やっぱり効果の面、もちろんそれを主張しておられる方々も効果ということをおっしゃっているんだろうと思いますが、なるべく即効性のあるものがいいと思っています。

 国民生活をしっかりと守り抜いていくために厳しい状況にある方々に対する現金給付制度の創設を含め、思い切った対策を講じる。そして先ほど申し上げましたような大変な影響を受けている旅行や運輸や外食やイベントなどにフォーカスをして、短期集中で大胆な需要喚起策を講じていきたいと考えています。大変な状況下にある方々に対して直接手が届く効果的な支援策を実施をしていきたいと思っています。

司会:それでは次の日程がございますんで、そろそろ最後の質問にさせていただきます。それでは神保さん。

なぜ、ぎりぎりで持っているのか

VIDEO NEWS:ありがとうございます。VIDEO NEWSの神保といいます。総理ご自身のお考えをぜひ伺いたいんですけれども、総理は先ほど日本は瀬戸際だけどぎりぎりで持っているというふうにお話しされました。一方で海外などでは、本当に日本は持っているのかと、つまり水面下で実際は感染が広がっているのではないかというような疑いの声がいろんなところで聞かれます。メディアもそういうことを報じているところがあります。それで、実際に日本は検査数が少ないもんですから、その疑いがなかなか晴れない。

 それで伺いたいのは、総理はなぜ日本はぎりぎりでも持っているというふうに本当にお考えなのか。つまり日本は中国からも近いし、中国からの入国制限も結構なかなかやらなかった。で、しかも外国からの入国制限も結構遅かった。なのに日本が欧米に比べて持ってるとすれば、何か総理なりに納得する理由がなければ、なんか奇跡が起こってるみたいな話になってしまいかねませんので、総理ご自身は、なぜそういう、日本は持ってるとお考えなのか。ただ、有識者がそう言ってるからそうお考えなのか。それとも総理なりにやっぱり日本はこういうところがあるから持ってるんだというふうに自分は信じられる根拠があるのか、そこをお話しいただければ幸いです。よろしくお願いします。

安倍:中国に対しては武漢、湖北省、浙江省に対して入国禁止の措置を採ったのは日本は決して遅いほうではないと思います。幾つかの国では中国全土に対して入国禁止の措置を採った国もありますが、日本はそれほど遅くない時期に採っています。中国、韓国に対しても大邱または周辺に対する入国の国境措置は、日本は採ったのは早いほうなんだろうと、こう思っています。決して遅かったとは考えてはいません。

 本記事・サイトは一人でも多くの方に最新のニュースをご覧頂けるように、元ニュース記事へのご案内をしております。
また、本記事・サイトは元ニュースの全記事内容が引用されている訳ではなく著作権法・その他を厳守しております。

フォローする