吉村知事 大阪北区を中心としたエリアで「クラスター発生の可能性」に言及

引用元:THE PAGE
吉村知事 大阪北区を中心としたエリアで「クラスター発生の可能性」に言及

 大阪府の吉村洋文知事は1日午後、大阪府庁で定例記者会見を開いた。吉村知事は、前日に新型コロナウイルスの感染拡大防止に向け、府民に「ナイトクラブ、バーなど、夜から早朝にかけ密室で接客するエリアの利用は自粛をお願いしたい」と呼びかけたが、1日の会見でその理由として、クラスター班の調査などの結果、大阪市北区を中心としたエリアで、一定のクラスターが発生している可能性が高いと明かした。

【中継】大阪府・吉村知事が定例会見(2020年4月1日) 会見によると、クラスター班の調査などの結果、現在判明しているものとして、大阪市北区にある「ショーパブ」で4人、「クラブ」で6人の客や従業員の感染が判明したことを挙げた。吉村知事は「3蜜(密閉、密集、密接)がそろうような条件の中で、夜のいわゆる接客を伴う店」と述べ、ショーパブについては、従業員やダンサーの方について検査にまわっている状況であると述べた。

 また、店の名前については「本来公表すべきだという考えですが、その店の同意がない限り公表することができません。そのお店の同意がない限り公表することができません。いまこのお店に同意を求めていますが、クラブについては同意を得られないという状況です」と説明した。 吉村知事は「ナイトクラブとか接客を伴う事例が確実に増えてきているので府民、市民のみなさんによびかけ、現実にクラスターが発生していると思います」と述べた。

 本記事・サイトは一人でも多くの方に最新のニュースをご覧頂けるように、元ニュース記事へのご案内をしております。
また、本記事・サイトは元ニュースの全記事内容が引用されている訳ではなく著作権法・その他を厳守しております。

フォローする