7日にも「緊急事態宣言」 買い物は?学校は?今私たちがやるべきことは…

7日にも「緊急事態宣言」 買い物は?学校は?今私たちがやるべきことは…

安部首相が7都道府県を対象として、7日にも緊急事態宣言に踏み切る意向を固めた。

関係者によると、東京都は国から緊急事態宣言が出された場合基本的に休止を要請する施設として、カラオケ・パチンコ店・麻雀店などの娯楽施設・百貨店・ショッピングモールなどの商業施設・大学・専修学校・学習塾・体育館などの運動施設を挙げたほか、居酒屋・理髪店についても休止を要請するとした。

【画像】緊急事態宣言が出たらどうなる?

一方、これまで外出自粛の対象ではなかった病院・スーパーマーケット・交通機関・銀行などは感染防止対策の協力を要請したうえで業務を継続するという。

緊急事態宣言が出されるまでの流れは、

(1)諮問委員会が開かれ、専門家に緊急事態宣言の要件にあたるかどうかを聞いていく。
(2)その後国会への事前報告を得て該当するとなったら安倍首相が緊急事態宣言を出していく。
(3)それを受けて対象地域の都道府県知事が要請、指示を出していく。

では、実際に緊急事態宣言が出ると、我々の生活はどのように変わるのだろうか。
緊急事態宣言が出された場合、

【要請】
外出の自粛

【要請・指示】
学校や保育所などの使用停止
イベントなどの開催制限

【命令】
医薬品・食料品などの保管

【強制】
臨時の医療施設用に土地や建物を強制使用

これらの事が可能になる。
 

加藤綾子キャスター:
外出の自粛などは今までとあまり変わらないような印象を受けるのですが、緊急事態宣言が出される意味合いはどんなところにあるのでしょうか。

フジテレビ 政治部デスク・高田圭太:
やはり特別措置法に基づく要請ということで、これまで知事が自分の思いとしていたものよりは一段上がります。そして、指示というとこまで行けばさらに上がって、事実上私たちに強制力が伴うような、または社会の空気としてそういったものが出来てくるという点では、これまでよりもやはり背筋を正していろいろ行動しなければいけないということになってくるのだと思います。

私たちの生活がこれまでとがらっと変わるということではなく、
この緊急事態宣言が出されることで心理的な意味合い・重みが加わるということだ。

 本記事・サイトは一人でも多くの方に最新のニュースをご覧頂けるように、元ニュース記事へのご案内をしております。
また、本記事・サイトは元ニュースの全記事内容が引用されている訳ではなく著作権法・その他を厳守しております。

フォローする