福井・高浜町長選が告示 関電金品問題でイメージ悪化

引用元:共同通信

 任期満了に伴う福井県高浜町長選は14日に告示され、4選を目指す現職野瀬豊氏(59)と元県議一瀬明宏氏(62)が立候補を届け出た。いずれも無所属。関西電力役員らが元助役森山栄治氏(故人)から金品を受領していた問題で悪化した町のイメージをどう立て直すかが争点となりそうだ。投開票は19日。

 関電が運転開始から40年を超えて再稼働を目指す高浜原発1、2号機(同町)を巡っては、両氏はいずれも原発と共存する町づくりを表明しているため争点にはならない見通し。

 野瀬氏は町議を経て2008年に初当選。一瀬氏は高浜町議を経て1999年から県議を3期務めた。

 本記事・サイトは一人でも多くの方に最新のニュースをご覧頂けるように、元ニュース記事へのご案内をしております。
また、本記事・サイトは元ニュースの全記事内容が引用されている訳ではなく著作権法・その他を厳守しております。

フォローする