武漢の邦人退避、第4便が帰国へ 中国籍配偶者も搭乗

引用元:共同通信

 新型コロナウイルスによる肺炎が発生した中国湖北省武漢市の滞在邦人らを退避させる日本政府の全日空チャーター機第4便が7日、武漢から羽田空港に到着する。チャーター便には198人が搭乗。羽田到着後、医療機関に移り、健康チェックを受ける見通しだ。

 第4便には中国籍の配偶者らも搭乗。中国がこれまで配偶者らの出国を認めていなかったが、日本政府は人道的配慮を要請していた。

 政府は1月末以降、チャーター機を3便運航し、いずれも日本国籍の計565人が帰国した。希望者がいれば第5便以降の派遣も検討する。

 本記事・サイトは一人でも多くの方に最新のニュースをご覧頂けるように、元ニュース記事へのご案内をしております。
また、本記事・サイトは元ニュースの全記事内容が引用されている訳ではなく著作権法・その他を厳守しております。

フォローする