衆院静岡4区補欠選挙の各候補者の政策を一覧で比較! 全候補の公約・マニフェストを見るならこちら

衆院静岡4区補欠選挙の各候補者の政策を一覧で比較! 全候補の公約・マニフェストを見るならこちら

4月26日(日)が投開票の衆議院静岡4区補欠選挙(以下、衆院静岡4区補選)が終盤戦を迎えています。今回の衆院静岡4区補選には届出順に無所属の山口賢三氏(72)、無所属で立憲・国民・共産・社民の4党が推薦する田中健氏(42)、自民党が公認し公明党が推薦する深沢陽一氏(43)、NHKから国民を守る党が公認する田中健氏(54)の新人4人が立候補しています。

各候補はどのような政策を重視し、独自の政策としては何を掲げているのでしょうか?国政課題に対する姿勢や評価を、各候補が発信している情報や選挙公報、選挙ドットコムが行ったアンケートや取材の結果を踏まえて比較します。(掲載は届出順) 衆院静岡4区補欠選挙の各候補者の政策を一覧で比較! 全候補の公約・マニフェストを見るならこちら 衆議院静岡4区補選・各候補の政策比較表

各候補の主張・政策比較表

衆議院静岡4区補選・各候補の政策比較表 衆院静岡4区補欠選挙の各候補者の政策を一覧で比較! 全候補の公約・マニフェストを見るならこちら 山口賢三(やまぐち けんぞう)氏・72歳の主張まとめ

山口賢三(やまぐち けんぞう)氏・72歳

山口賢三(やまぐち けんぞう)氏・72歳の主張まとめ山口賢三氏は「そ・わ・か」の実践、ノアの方舟構想、SDGsの重視という3つの政策を柱に主張を展開しています。
「そ・わ・か」について山口氏は、そ:掃除を率先して行って環境保全する、わ:声を出して笑うことで健康の増進を図る、か:感謝を声に出す、を実践することで幸福になるとしています。
ノアの方舟構想とは、清水駅近くに役所・病院・ホテルの機能を
備えた客船を建造し、非常時には災害対策本部や避難民受け入れに活用する計画であるとしています。
SDGsについては山口氏は「今まで、自分や自分達の街、自分の国が良ければという考えから、世界の全ての人々が幸福になる様に、心構えを変えること」であるとしています。

(現時点でアンケートにご回答いただけていないため山口氏の主張を掲載しています。) 衆院静岡4区補欠選挙の各候補者の政策を一覧で比較! 全候補の公約・マニフェストを見るならこちら 田中健(たなか けん)氏・42歳の主張まとめ

田中健(たなか けん)氏・42歳

田中健(たなか けん)氏・42歳の主張まとめ

新型コロナウイルス感染症への政府の対応をどう評価しますか

2つの面で評価できません。1つは対応が遅いことです。緊急事態宣言を出すタイミングや補助金案など、私たちの生活に対策が届いていません。もう1つは政府の本気度が見えないことです。家にいてもらうための政策が必要なのにもかかわらず本当に困っている国民の現状がわかっていないのではないでしょうか。経済対策としての考え方ではなく感染拡大の防止という観点からいち早く一律の現金支給を打ち出すべきでした。

 本記事・サイトは一人でも多くの方に最新のニュースをご覧頂けるように、元ニュース記事へのご案内をしております。
また、本記事・サイトは元ニュースの全記事内容が引用されている訳ではなく著作権法・その他を厳守しております。

フォローする